Text Size : A A A
Diary Comment Link About Contact iPhone
Img20071209002235
数日前、いつものお散歩コースに違和感を感じる生き物がいた。

それはなんと、白鳥。

冬とはいえ、白鳥が渡ってきて住むほど寒くはない愛知です。
でもこの白鳥さん、実は知ってる白鳥さんでした。
近所のお金持ちが私有地の池で買っているハズのつがいの白鳥のうちの一羽なのです。

たまには自由がほしくなったのでしょうか。
ひと時のお散歩を楽しんでいるようでした。

Img2a20071209002235
Img2b20071209002235
が、しかし。
そんな自由もつかの間。
飼い主さんによって捕獲されました。

くぅ~~、くぅ~~~、と切なそうな声を出していました。
次はいつ脱出してやろうとたくらんでいるのかなー。

でもあのお金持ちの家の池、作り物のお庭の池ではなく
もともとため池として存在していた池を買い取ったものなのでかなりデカイ。
普通に大きな公園にある池ほど。

さすがに屋根はないから、脱出しようと思えばいつでもできるのにね。
羽持ってるんだもん。
居心地がいいことはいのかなぁ。
Img20071209003458
屋根裏部屋の大掃除をしていたところ、昔父が凝って集めていたランプがいくつかでてきた。
色のついていない透明のものが気に入ったので、もらってわたしの部屋で使うことにした。
かわいい。

でも、「使用中に地震でもきてひっくり返りでもしたら、一瞬で火の海だぞ。」
と、父に脅され怖くなったので火をつけているときはいつもドキドキしてしまいます。
火の扱いが苦手なのです。

茶碗蒸しを蒸せば、鍋にかけていたタオルにコンロの火がうつり家事未遂をおこしたり・・・。
つい昨日は灯油を買いに行ったら、タンクのふたの締りが甘かったらしく、
帰りの車の中で倒れたタンクから灯油がとぽとぽとぽ・・・。
車のトランクのマットが灯油でひたひたになりました。
帰りにスーパーに寄ったりしてしばらく車に乗っていたのに、気がついたのは帰宅後。
くさいな~と思いつつ、灯油車に乗せてればこんなもんか?と思っていたのは間違いでした。

昨日は夜だったので新聞紙で必死にマットにしみ込んだ灯油を吸い取る作業しかできず、
今日は朝から父と弟も動員してマットに土をかけたり、洗剤で洗ったりしましたが
ぜんぜん臭いが落ちません(ToT)灯油の臭いって力強いですね・・・。
トランクのカーペットがほとんど吸ってくれていたので、車内にはそれほど影響がないかと
思いきや、セダンのトランクではなくステーションワゴンのトランクなので車内全体に
臭いがぷんぷん。ファブリーズをまるまる一本つかって拭き掃除をして、今日一日換気を
してみましたが、数日はくさそうです。
いやー、まいったまいった。

わたしに灯油を買いに行かせることを迷った、と母が言っておりましたが
後悔したみたいです。そりゃそうだよね。
最近特に注意力散漫なので気をつけなくちゃ。部屋のランプも・・・。

Img20071211071150
日曜日は、今年の一月に亡くなった祖父の一周忌法要のためにお寺へ行った。
親しい親戚があつまり、お墓の掃除、お経、会食。
そこに居ないおじいちゃんのために人が集まるというのはなんだか不思議。
おじいちゃんのために集まったのに、おじいちゃんの話はしない。
それもなんだか不思議。
朝の「おはよう。」や、帰宅後の「おかえりなさい!」が無くなった日常に
違和感は感じなくなったものの、まだどこかにいそうな気がする。

きっとどこかで見ているんだ。