Text Size : A A A
Diary Comment Link About Contact iPhone
Img20080203011314
フジテレビで放送していた『星になった少年』 (Click!) の後にはじまったドラマを何気なく見ていた。
その名も『ロス:タイム:ライフ』 (Click!) 
死ぬことが決まってしまった主人公が、自分の人生のロスタイムをいかに過ごすかというもの。
ロスタイムがどれほどの時間になるかは個人差があるようで、さらに人生のどの部分がロスタイムにあたるのかは、よくわからない。

今回の主人公のロスタイムは4時間と数十分だったと思う。ちゃんと覚えていない。
話のストーリーとしては先が見えちゃいそうなシンプルさだったのだけど、
テーマがおもしろいなって思いました。来週も見てみよう。

わたしはロスタイムになにをしたいかな。
自分が死んでいることは伝えちゃいけないルールだから
おかしな人になってしまうかもしれないけど、
大切な人や大好きな人たちに「ありがとう。」と「だいすき。」を伝えて回りたいかしら。
数時間じゃ足りないね。

それにしても人生のロスタイムってどこから出てくるんだろう。
サッカーの試合ならよくわかるけど・・。

”人生には無駄な時間なんてない”ってよく言う。
私もそう思う。
この言葉の信者だからか、不思議と自分の行いを”反省”したことはあれど、
”後悔”したことはない。
反省することによって、よりよい自分になれると信じているほうが楽しいから。

わたしって気楽だなー。
Img20080207002121
お久しぶりのセナさん。
キキもセナも元気にしています。
ルーツをたどればメキシコ産だからかとても寒がりで、ヒーターをつければ
おしりをかざして暖をとっている彼らであります。
そんな寒がりな子たちのお散歩は真昼間です。
Img2a20080207002121
てくてくとお散歩をしていたら、近所のお庭に梅が咲いていました。
まだまだ寒い時期だから力の弱そうな梅だったけど、
寒い寒いと毎日思うけど、実際に気温も低いけど、
植物はちゃんと春が近づいているのを感じているんだなぁ。
と、思いました。

というか、他のはつぼみだったから少し早まった梅だったのかな・・・。
早く本当の春がくるといいねー。
花粉症とは無関係なわたしはそう思うのでした。
Img20080806001602
藤が丘にある、ジャズを流すお気に入りの御茶屋さんにいってきました。
かっこいいマスターがいて、ステキな音楽を流してて、一人で本を読みに来るお客さんなんかもいて、
落ち着けるお店です。

Img2a20080806001602
JAZZ 茶房 青猫
〒465-0032
名古屋市名東区藤が丘49 アンフィニビルB1
052-776-5624

13:00~24:00
日曜日のみ 13:00~19:00
定休日 木曜日

お近くのかたはぜひ♪
Img20080210004327
庭を駆け巡る犬の図
今年の初雪が降った。
初雪じゃなかったらどうしよう。
テレビで放送しているよりもずいぶん降ってるみたいだった。
愛知ではめったに雪は降らないし、外に出る用事もないので少しウキウキしてしまう。

雪が降ると、犬は本当に庭を駆け巡るのかどうか試してみたくなったわたしは、
自ら庭へ出て、外から彼らを呼んでみた。
けれど、ぜんぜんこない。
むしろ寒い外に出るのを嫌がっていたみたいだった。

わたしの肩や頭にはどんどん雪が積もる。
見かねた彼ら(?)は出てきてくれた。

そして駆け巡ってくれた。

犬は本当に雪が降ると庭を駆け巡るのです。

キキは全速力で走るとき、足が「ハ」の字型になっていておもしろいです。
Img2a20080210004327
20センチ強は積もったのではないかと思われる雪
Img2b20080210004327
セナにもどんどん雪が積もる
Img2c20080210004327
ようやく家の中にはいり、寒いのでストーブの前を陣取る
Img3a20080210004327
そして、おやすみ。おつかれさまー。
Img20080214001929
母が玄関に飾っていたバラの花を数本拝借して、自室にかざった。
お花の手入れができるほど、まめな性格ではないのですがお花を部屋に飾るのは好き。
なんとなく明るい気持ちになれますよね。
それにしてもこのピンク。
なんて乙女チックな色してるんだろう。

まさにマリー・アントワネットの世界のような!

普段から身につけたりするほどピンク好きではないのだけど、
眺めていると不思議とやさしい気持ちになれるような気がしてくる。

どんなに頭をいっぱいにしても、心っていっぱいにならない。
頭なんてどうでもいいのに、いっぱいになるのはいつでも頭。

そう思うこともあるけれど、案外簡単に心って満たされるものだなって思う。

フジテレビでやっていた音楽番組で、久しぶりに聴く歌を聴いた。
エレファントカシマシの『今宵の月のように』。

「ポケットに手をつっこんで歩く
いつかの電車に乗っていつかの町まで
君のおもかげきらりと光る夜空に
涙も出ない声も聞こえない

もう二度と戻らない日々を
俺たちは走り続ける

明日もまたどこへ行く
愛を探しに行こう
いつの日か輝くだろう
あふれる熱い涙

明日もまたどこへ行く
愛を探しに行こう
見慣れてる町の空に
輝く月一つ

いつの日か輝くだろう
今宵の月のように
Uh... Ah... Ah...」


二度と戻らない日々を想った。


そして、、、
Vo.の宮本浩次さんの声は、ユースケサンタマリアさんにそっくりなんだなと
一緒に見ていた弟と発見した。