Text Size : A A A
Diary Comment Link About Contact iPhone
Img20091015002745
いつも気になっていた古くからありそうな美容室
大ナゴヤ大学 (Click!) のイベントに参加してきました。
大ナゴヤ大学とは、HPを見てもらえればわかるのですが
生涯学習を推進する活動団体が、いろんなカリキュラムの授業?を展開しています。

今回は、「So Good! So Bad! ~旅人の目で見るナゴヤの街~ 」 (Click!) と題したものに参加してみました。
名古屋は栄の街中を、旅行者になったつもりで歩き、良い点悪い点を写真におさめるというもの。

わたしは、この目的をすっかり忘れ、”旅行者”ではなく”自分”の好き嫌いで撮ってきてしまいました。
まぁ、それはよしとしてとても面白い会でした。

自分以外のいろんな人(参加者20名ほど)の写真が
解説付き(どういう意図で撮影したのか)で見れたこと、
集中的にひとつの目標を決めて写真を撮ったこと。
今までなかった経験だったし、とっても刺激になりました。
Img2a20091015002745
表から見るだけで入ったことはない、でも好きなアンティークの時計屋さん
Img2b20091015002745
緑がかわいらしいです。
Img2c20091015002745
少しトマソン的?横に人が通れる隙間があるのに、扉。
トマソン芸術 (Click!) 的な写真を撮っている人もいて、おもしろかったです。
初めてトマソン芸術という概念?を知ったのですが、おもしろいものですね。
Img20091015004807
職場がある武豊町のお祭りに行ってきました。 (Click!) 
5年に一度、この地域の山車が集まるお祭りで、想像よりもずっとすごいものでした。

十いくつかの山車が集まった風景は圧巻!
江戸時代に作られたらしい山車は、どれも細かな彫刻が施されていたり豪奢な幕がかかっていたり、
からくり人形が載っていたりと豪華なものでした。
Img2a20091015004807
Img2b20091015004807
何よりステキだったのが、夜の山車。
本物の蝋燭を入れたちょうちんをぶらさげ、ゆっくりと町を動いていく山車は
とても幻想的でした。
お囃子も小学生から高校生ぐらいの男の子を中心とした生演奏。
この日のために練習してきたんだろうなぁ~と妙に感動。

写真は残念な感じになってしまったのですが、本当に心にぐっときました。

お昼は出店が出ていたりと賑やかだったのに反して、夜はほぼ地元の人だけで
お祭りを遂行するといった感じ。
代々山車を曳いてきたプライドのようなものが感じられました。

狭い路地を通るときは、道の両端(家の軒先)に目印のちょうちんが掲げられ、
ゆっくりと進んでいく。
最後は迫力のある方向転換で、車庫(?)へおさめ終了。

興奮気味だったわたしは、デジカメの容量いっぱいまで動画をとりまくりました。
また5年後は両親にも見せてあげたいなと思いました。
Img3a20091015004807
Img3b20091015004807